出雲しじみについて 出雲大社の西にある小さな湖、神西湖。しじみの宝庫であり、まぼろしのヤマトシジミ、湖の黒真珠とも呼ばれる出雲しじみが生息します。限られた漁獲量の中採れたての出雲しじみを神話の国出雲から産直販売します。 出雲大社の地からのお取寄せです。 幻のヤマトしじみ、出雲しじみ
幻のヤマトしじみ、出雲しじみ
 

出雲しじみ屋トップページ

大和しじみの栄養

出雲しじみの美味しいレシピ

出雲しじみのお取り寄せ

出雲 しじみ屋について
特定商取引に関する表示
おおくにぬしのみこと

出雲神話ヤマタノオロチ
日本海のハマナス
差海川河口付近に群生する
天然記念物ハマナス
   
出雲しじみの産地
神西湖は、神々の国にふさわしく、出雲国風土記に記されている(神門水海)が、出雲大社の神門(鳥居)が立っていた地の
西方に位置していたことからこの名がつきました。

神話の国 出雲大社
神無月に全国から八百万の神が集うと言われ出雲では神在月になります
神西湖の位置
 
 
 
 
 
 
 
 
          差海川                   山陰の日本海   
日本海と差海川
面積は1.35km2、周囲5.3kmの小さな湖で、水深は平均で1.5m程度しかありません。流入河川は神話の国出雲の山々から注がれる湖に、日本海が満潮時には長さ約1.4kmの差海川(さしみがわ)から逆流してきた海水と淡水が混じり合い、平均で海水の半分程度の塩分を含む汽水湖です。
神西湖のしじみ漁は禁漁日を除く午前中に、じょれんという道具を使い  湖底の砂をかいて手作業で行われます。
   
幻のヤマトしじみ、出雲しじみ直売
 
神西湖の蜆漁
                            
神西湖の自然」
幻のヤマトしじみ、出雲しじみ直売
出雲大社と神西湖
狸、白鳥、鴨

水深が浅く太陽光線が湖の底まで届くのでしじみの餌の植物プランクトンの光合成が盛んに行われ、豊富な酸素が供給されています。
カワセミ、蛙、とんぼ、アゲハチョウ
夏の神西湖の水上花火大会  
夏にはどんとこい祭り
湖水上花火大会も行われます。
しじみ漁
 
   
 
 水辺にはカワセミ、カモ、白鳥、サギなど約90種類の野鳥いる野鳥公園がありバードウオッチング出来ます。魚介類は約70種類の海水魚(クロダイ、スズキ、ヒラメ)など淡水魚(アユ、メダカ、ウナギ)などが混在します。
メダカ、鴨、神西湖
   
     
   
   
    神事華 
            
毎年10月第三土曜日、日曜日に行われ湖陵町の無形文化財である、佐志武神社に奉納される「神社華」は、金・銀・赤・紺・緑と色鮮やかに飾られた直径5mを超える大きな花笠です。勇壮で優雅な独特の出雲地方最大級の祭りです。
大和シジミ専門店 出雲しじみ屋
   
 
出雲しじみ屋
 
       
         
         
         

|神西湖とは|神西湖のしじみ漁|神西湖の大和しじみ|出雲しじみとは|
|しじみの美味しい食べ方|出雲しじみをどうぞ|出雲しじみ屋について
出雲しじみ屋 島根県出雲市湖陵町差海567−10